お問い合わせ
TEL:03-3706-8000

世田谷区世田谷の整形外科・リウマチ科

超音波画像診断

通所リハビリステーション デイケアかとり 訪問看護ステーションこあら
お問い合わせはこちらから
MOBILE SITE
facebook twitter
HOME»  超音波画像診断

超音波画像

「骨折がないから大丈夫…」本当にそうでしょうか?
エックス線検査に異常がなくても、靭帯断裂・軟骨損傷などが伴えば、意外に治癒は長引くものです。特に小児の足関節外傷では高率に軟骨裂離損傷が伴うという報告もあり、慎重な治療が必要です。「捻挫だから…」「打撲だから…」と、一律な治療では回復も遅れます。スポーツ外傷では、選手としての能力にも影響してきます。
当院ではエックス線検査による骨硬組織の診断に加え、超音波画像(エコー)による軟部組織診断の精度向上につとめています。以前のエックス線検査のみでは見逃していたかもしれない、と思わせるほどパワフルな診断ツールを手に入れた、というのが整形外科医としての実感です。

特徴

エコーというと、妊婦検診や内科検診で胎児・心臓・肝臓などの診断をイメージされる方が多いかと思います。しかし、整形外科領域ではエコーはあまり使われていませんでした。それは、従来のエコーは周波数が低く、体表に近い浅い領域(数mm〜数cm)では画像が不鮮明であったからです。しかし近年プローブ(発振子)の高周波数化に伴い、体表領域でも鮮明な画像が得られるようになりました。
エコーの特徴は非侵襲(身体へ及ぼす影響が少ない)で、リアルタイムに画像が得られるので、動的要素(動きによる変化)を捉えることも可能です。骨関節運動器に関して、「動きを診る」ことができるというのは画期的なことなのです。エックス線透視画像では、骨の動きは観察できますが、被爆量も大きく軟部組織は映りません。MRI・CTも特殊なものをのぞき、動的要素をとらえることはできません。 診察室で、問診・触診の延長として利用することができるのが、エコーの特徴です。
もちろん、エコーも万能ではなく、骨などの硬組織では強い音響反射があり、画像を捉えることができません。しかしストレス骨折などの骨膜反応を診るには、エックス線よりも鋭敏かもしれません。

診断

捻挫に伴う靭帯断裂や腱損傷、肉離れなど、軟部組織診断にとても有用です。損傷の程度・範囲・出血量などから、治療法の選択や期間を決めています。足関節捻挫・肩腱板断裂・腓腹筋断裂・アキレス腱断裂・筋層内血腫など、外傷には視診・触診と併用して利用しています。また手根管症候群や、手指腱鞘炎・バネ指などの炎症性疾患でも腱鞘の肥厚や狭窄などを確認することができます。
また、手軽に検査ができますから、治療中も癒合状況や回復の確認ができるのもメリットです。

エコー下治療

リアルタイム画像が得られるので、エコー画像で患部を観察しながら的確に注射や穿刺の治療が行えます。粘液膿腫や滑液包炎、ガングリオン穿刺、関節内注射などに有効です。
下の動画では、肩峰下滑液包内注射をエコー下で行っています。左手上方より刺入された針が三角筋を貫通し腔内に正確に薬液が注入されています。

ページトップへ戻る